大切な一生涯の保険を決める上での参考指標

この評価価格付けは、当消費者機関が、長年保険専門機関として調査している中での評価です。
各保険会社に直接インタビュー、また電話でのアポイント、そこで売られている保険商品の品質評価、
また全国各地からの保険契約者からの保険会社に対しての苦情やトラブル等から、総合しての支持できる保険会社、
出来ない保険会社として、消費者側の機関より厳正に評価した結果となります。

保険とは、国の社会保険保障ではありません。
保険会社の保険商品とは、掛け捨ての保険も貯蓄性の保険もすべて含めて、株取り引きと同じように損得がはっきりする金融商品であり、
時には保険会社は、故意的に保険金や入院給付金を支払わない、ないし厳しくしていることも、日常的に行われている環境にあるのが、
保険会社であるということを消費者側も、また保険わ販売する外交員や代理店のファイナンシャルプランナーさんたちも認識しないといけません。

それは、ただ単に、保険料が安いとか、貯蓄性の保険とか、保険金支払い余力が良いとかで、決めてはいけないということでもあります。
総合的に保険を考えていくとわかりますが、良識を高もった保険会社の保険の契約、投資が適切ということが分かります。

保険とは、保障を得るための保険という考え方でとらえるのではなく、保険は一つ選択する先、商品等を誤れば、10年後、20年後、70歳等のときに、
大きな格差、大差、結果リスクになりかねないということも踏まえておきましょう。
ですから、消費者側は、保険をしっかり勉強し、消費者側の格付け情報等を入手して、賢くなっていくことが今求められています。



当消費者格付け機関が、
支持(信頼)できる保険会社一覧

支持できる保険会社は、当会正会員のみに、保険会社格付け一覧で公開しております。








支持(信頼 )できない保険会社一覧


住友生命
明治安田生命
チューリッヒ保険
朝日生命
三井生命
太陽生命
アクサ生命
アメリカンファミリー生命(アフラック)
AIGアリコジャパン
AIGスター生命
大同生命
東京海上日動あんしん生命

以上一部公開いたしましたが、ここに公開されていない保険会社は、当会正会員のみに、保険会社格付け一覧で公開しております。